読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

西尾維新 『非業伝』

book

悲業伝 (講談社ノベルス)
〈伝説〉シリーズ第五作。
悲痛伝』『悲惨伝』『非報伝』と続く「四国ゲーム」編。
前作と感想は変わらない……という感想を『報』でも書いた。一単語で表すと「冗長」である。


四国編は当初『痛』のみで完結だったらしいが、なんだかんだで4冊目。そろそろ「四国ゲーム」のクリアに向けて話が進むかと思いきや、ほぼ全てが『惨』『報』の時系列と並行で、『惨』『報』で未登場の他の登場人物の行動やその更に過去パートの描写に枚数が割かれる。話は進んでいるように見せてほとんど進まない。
巻末に時系列ごとの登場人物の行動まとめが付されているあたり、最早著者はストーリーの停滞についてワザとやっているだろうと思わせる始末。少なくとも、楽しんではいる(あとがきで自ら語るとおり)。なんちゃら%趣味で書いている作品って、このシリーズも(というかこのシリーズの方が)該当するだろう。


作者が楽しいように書いて、読者は西尾文体と西尾キャラクタによって面白くは読めて、出版社は本が売れる。まぁ悪くはないのかもしれない。
『りぽぐら』のようなどうしようもないものに比べれば、Win-Winは成立している。