読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

堀井拓馬 『なまづま』

なまづま (角川ホラー文庫)
第18回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。
空想の生物「ヌメリヒトモドキ」が存在する世界で、その新生物の研究者を主人公とする愛執の物語。
湿ったように粘っこい文体が特徴的で、選考委員の多数が口を揃えて指摘しているとおり、あまり読みやすい文章ではないが、「ヌメリヒトモドキ」の生態や主人公の狂気とよくマッチしている。
筋に関しては、起承転結を意識してあまり無駄のない仕上がりとなっている印象。
この次にどういった球を投げてくるのか。この文体とテーマから離れた際に、どのような様相を見せるのか。受賞後の第一作が気になる作家。