読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

早坂吝 『○○○○○○○○殺人事件』

○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)
第50回メフィスト賞受賞作。
閉鎖空間となった孤島。失踪。殺人事件。密室。読者への挑戦状。懐かしの本格ミステリガジェット満載。
独特なのはタイトル。○○○○○○○○は伏せ字で、犯人当て小説ならぬタイトル当て小説という新発想。

読み終えての印象は、バカミスだなぁという結論。初期のメフィスト賞に近い印象かもしれない。久しぶりにバカミスを読んだせいか楽しく読めたが、バカの方向性が結構下品なので、少し人には薦めづらい。
そしてカバー的にも薦めづらい。
どうも昨今の講談社ノベルス角川ホラー文庫は、カバーイラストをライトノベルに寄せてきている。個人的には嫌いではないのだけれど、このカバーにすること事で客層を狭めるというか、間口を別の方角に向けてしまってはいやしないか。
……などと常々考えてはいたが、本作に関しては、内容も勘案した上でやむなしかと判断してしまった。

一作目がコレで、二作目・三作目にどういった球を投げるかは気になる。読むしかないだろう。