読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

舞城王太郎 『キミトピア』

キミトピア
「新潮」掲載作品を中心とした7編収録の短編集。
舞城作品としては現実的な設定が多めな、純文方面に傾倒した作品集。『ビッチマグネット』と似た雰囲気で、大胆かつ繊細な心理描写が印象的。行き過ぎた自己完結感も相変わらず。
舞城王太郎の文体は特殊で、万人向けではないものの独特のリーダビリティを持っている。自分は相性が良いようで、ぐいぐいと牽引されるように読み耽る。
どの作品も楽しめたが、「真夜中のブラブラ蜂」の終盤の展開だけは首を捻ってしまう。舞城がやりがちなこうした唐突さは、未だに馴染まない。