読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

『Mystery Seller』

book

Mystery Seller (新潮文庫)
執筆陣は、島田荘司有栖川有栖我孫子武丸米澤穂信竹本健治北川歩実・長江俊和・麻耶雄嵩
島荘は、トリックの着想にいつも驚かされる。しかしいつも出てくる脇道の話について、もっと短ければと感じることがあり、今回はその最たるもの。
有栖川はオーソドックスな安楽椅子探偵で楽しい。
我孫子はやるべきことだけをやっている感で読み物としては寂しい。
米澤は良くも悪くもStory Sellerと書いてるものの印象が変わらない。
竹本作品を読むのは2作目だが、印象としては文章面で人を選ぶ。自分には少し合わない。
北川はかなり詰め込み式で、長編にできるのではないかと感じる1作。
麻耶は収まりどころがいかにも麻耶で唸る。