読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

西尾維新 『悲報伝』

book

悲報伝 (講談社ノベルス)
〈伝説〉シリーズ第四作。
悲痛伝』『悲惨伝』と続く「四国ゲーム」編。『悲惨伝』終了直後から本書は始まる。
『惨』と感想は変わらない。いつもの西尾維新に期待する部分の面白さはあるのだけれど、冗長だと思う。
事が全て収まった未来から事故当時を振り返る視点(結果的にはこの選択はうんたらかんたら〜等)を必要以上に加えているのが、印象の悪い点。
あと気になるのは、魔法少女や魔女や非人間やら個性的な登場人物が増えすぎて、異様だ異様だと作中でもてはやされる主人公・空々空の凄さが薄れてきている点。まぁ、はったりに突っ込んでしまっては西尾維新作品とは付き合えないけれど。
次回作『非業伝』で四国ゲームは完結するようなので、期待しよう。