書は言を尽くさず、

本読んだりしています

麻耶雄嵩 『友達以上探偵未満』

友達以上探偵未満
3編収録の短編集。「小説 野性時代」「文芸カドカワ」などに掲載されたシリーズの単行本化。「伊賀の里殺人事件」はNHK「謎解きLIVE」の原作、いや時系列としてはノベライズか?(設定変更点あり)

続きを読む

貫井徳郎 『宿命と真実の炎』

宿命と真実の炎
『後悔と真実の色』続編。

続きを読む

小林泰三 『因業探偵 新藤礼都の事件簿』

因業探偵: 新藤礼都の事件簿 (光文社文庫)
連作短編集。

続きを読む

森博嗣 『ダマシ×ダマシ』

ダマシ×ダマシ (講談社ノベルス)

「それ、まえにも言われました」と小川は応じたが、それを言ったのは、別の刑事だったかもしれない。敬語ではなく、受身であれば、間違いではない。

続きを読む

森博嗣 『サイタ×サイタ』

サイタ×サイタ (講談社ノベルス)

「何階なんですか?」三階の手前で、小川が尋ねた。
「六階」と鷹知は答える。そして、さらに速度を上げて、上へ行ってしまった。
目的地がわかったので、小川は多少速度を緩めた。三階には、明るいナースステーションがあった。それを見て、彼女は深呼吸をした。後ろから来た真鍋が、小川にぶつかりそうになる。
「どうしたんですか?」真鍋がきいた。
「なんでもない。まだ半分」
「違いますよ、五分の二です。四十パーセント」

Xシリーズ第5作。

続きを読む

西尾維新 暁月あきら 『小説版 めだかボックス ジュブナイル』

めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS)
週刊少年ジャンプに連載していた『めだかボックス』のノベライズ外伝。めだか、善吉、阿久根、球磨川らの中学時代を描く。

続きを読む