書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『時空争奪:小林泰三SF傑作選』

時空争奪: 小林泰三SF傑作選 (創元SF文庫)
著者生前より企画され死後に編纂されたSF短編集。
小林泰三のSF作品の深みを感じられるという点に加え、読み易さも意識された選出と思われ、まさに珠玉の作品集。
「予め決定されている明日」では世界の奥行きと狂気、「空からの風が止む時」ではSF設定の妙と俯瞰、「時空争奪」では詭弁と論理のグロテスク、「完全・犯罪」ではタイムスリップ理論とユーモラス。いずれも小林泰三のいいとこ取り。
個人作品集への初収録は「クラリッサ殺し」。「〜殺し」シリーズと同様、先人のSF作品のオマージュでありそのエッセンスを活用したSFミステリでもある。VR空間を虚構レベルという数値で定義することの判りやすさと世界の反転に舌を巻く傑作。