書は言を尽くさず、

本読んだりしています

貴志祐介 『兎は薄氷に駆ける』

兎は薄氷に駆ける
毎日新聞連載の単行本化。
日高英之は叔父を殺害した罪に問われ、警察から長時間執拗な捜査を受ける。暴力も辞さない苛烈な取調べの末、自白の供述を半ば強要された英之。検事との面談からそれを翻して無実を主張し、裁判での争いに突入していく。
主な視点は、弁護士事務所の短期的なアルバイトとしてこの事件の調査に関与していく垂水。この第三者目線からの冤罪と裁判がどのように映るかというのが本作の肝。
随一の愉しさを感じたのは裁判シーン。検事、弁護士、裁判官それぞれの言動については演劇的な過剰さがありリアリティ面ではギリギリだが、それ故の面白みとリーダビリティが付与されている。