読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

雀野日名子 『笑う赤おに』

笑う赤おに
WEB連載作品の単行本化。
著者お得意の要素である、地方の過疎化・高齢化やムラ社会の閉塞感は健在。本作はそれに加えて、「2人殺してこの街にやってきた」とWEBで公開する殺人犯の謎を追う展開となる。
謎の解明は「なるほど」であり、辿り着く各人物の結末は興味深いものではあるが、やや都合が良過ぎるのと、詰め込み過ぎの感あり。連載作品ゆえの「おさらい」、複数視点(主婦、フリーター、リーマン)の状況描写などでクドい仕上がりになっている印象。ミステリーのために犠牲にすべき(スリムにすべき)ものがあったのかもしれない。こういう議論はあまり好きでないのだが…。