読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小杉英了 『赤い呪縛』

赤い呪縛
デビュー作ではファンタジー、第二作では近未来SF要素を取り入れたエンターテインメントホラーを描いてきた著者だが、本作は打って変わって現代が舞台。校正を生業とする女性を主人公とするモダンホラーというか、サスペンスというか。
校正者という仕事について、まさに校正の対象となる小説という媒体で扱うことの勇気というかチャレンジ精神は素晴らしい。ただし主眼はそこにはないようで、様々な女という生き物と男を描いている。リーダビリティは高いものの、何というかありふれた物語に落とし込んでしまっている印象。
そんな中、幻想的というか耽美的な比喩表現で短く締めくくられるラブシーン(という無粋な言い方をしたら怒られてしまうのではないかと心配になるほど)の描写は少し浮いている。少女漫画で言うと、花が散るような。なお、この辺りだけは、デビュー作の個性的な文体が蘇っているように思う。