読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

白河三兎 『十五歳の課外授業』

十五歳の課外授業 (集英社文庫)
15歳の中学生という思春期の若者を主人公とする点はいつもの白河三兎作品だが、今回趣きが異なるのは若さの悪い面に着目している点。どこか大人びた、本質を見通したような主人公・視点人物が白河作品には多数出てくるのに対し、今回の主人公は決してそうではない。現状維持を貫くために嘘と悪手を積み重ねて行く様は、正真正銘若気の至り。まぁただでは終わるまいと踏んで読み続けた結果、終盤の展開はもうお察しというか、小説としては起きるべくして起きたカタストロフ。そうした転落小説としては非常に面白いので、著者の新境地とも言える。やけに前向きなラストについては、これは作家性と呼ぶべきもので、否定するつもりはない。それも若さの力として表現したのでは。