読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

北山猛邦 『先生、大事なものが盗まれました』

先生、大事なものが盗まれました (講談社タイガ)
初の講談社タイガ
探偵と怪盗が育つ島を舞台とした本格推理。
怪盗もののミステリで「どうやって」「誰が」「なぜ」盗まれたかを問う作品は多数あれど、「何が」盗まれたかが謎となるものは珍しい。正直、その試みが効果を表したか疑問符がつくものもあるが(第1話)、このチャレンジは面白い。
それでもやっぱり地図、見取り図はある。物理の北山、見取り図好きの北山。
続く、の言葉で本書は結ばれるが、続編も同じコンセプトだろうか。決して遅筆ではないが速筆でもない著者。気長に続編を待ちたい。