読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

伊坂幸太郎 『残り全部バケーション』

残り全部バケーション (集英社文庫)
いずれも異なる雑誌・アンソロジーに収録された短編に書き下ろしを加えた連作短編集。
1編ごとに籠められたミステリだとか、1冊として総合する物語だとか。そして裏稼業を営む物騒でありながら憎めないキャラクターたちの存在により、まさに伊坂幸太郎としてオーソドックスな作品として仕上がっているように思う。また、このラストシーン余韻の残し方も著者が「よくやる」パターン。最早職人のようだ。