読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

雪富千晶紀 『死呪の島』

死呪の島
日本ホラー小説大賞受賞作。
タイトルからして古式ゆかしい孤島の呪いにかかる物語と想像されるが、半分当たりで半分予想を外してくる。
貴志祐介の選評が最もしっくりくる。由来を問わない怪異のごった煮。ごちゃ混ぜ感を落ち着きがないと捉えるか、豪華詰め合わせと感じるかの差で、評価が割れそう。後者で捉えたとしても、最初の怪異がインパクト最上で、右肩下がって行くような点は残念。文体が落ち着きがあるからか、パニックホラーとしてももう一歩の印象。デビュー作ゆえ致し方ないところはあるので、今後どう変化していくかを期待。