読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『安楽探偵』

安楽探偵 (光文社文庫)
l所謂アームチェアディテクティブ、安楽椅子探偵もの。
小林泰三のミステリものは、大粒の一撃ネタというよりも小〜中粒なネタを異様なキャラクターや会話で飾り付ける短編向き。本作もご多分に漏れず、多彩かつ多才な小林泰三の一面を伺うことができる。最後の一編で見せた結末は、極めて目新しいというものではないが、過去から議論される探偵論に対して小林泰三が自身の言葉で解答した結果とも言えるだろう。
尚、独特の回りくどい会話は健在。ファンは迷わず手に取って良い。