読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

島田荘司 『屋上の道化たち』

屋上の道化たち
御手洗シリーズ長編。
銀行の屋上から立て続けに転落死する行員たち。彼らはそれぞれ、自殺などする筈もない状況だった。あの御手洗石岡コンビが、事件解決に赴く。
かつて島田御大が掲げた本格ミステリの理想像たる「幻想的な謎と」「論理的な解決」。実は御大の作品には、これらを満たしつつも「偶然」が絡むことが多いのだが、本作ではその偶然の作用が強すぎるように思う。別に他にも偶然に頼りすぎた作品は多々あるのだが、やや強引ながらも強烈なサブエピソードと、何かと戦うような圧倒的筆力、そして大トリックによってこりゃ敵わないと黙らされる事がほとんどである。しかし本作は、前述の要素すべてについて薄味に仕上がっており、物足りなさを残すように思う。究極的には、短編で良くね?と。
とはいえ、往年の御手洗石岡を思わせるような掛け合いだけでも、さる筋には読む価値あり。