読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

羽田圭介 『スクラップ・アンド・ビルド』

スクラップ・アンド・ビルド
芥川賞受賞作。
著者の作品を読むのはデビュー作『黒冷水』以来だが、自意識過剰を小手先でこねくり回したようなデビュー作とは違い、言動に偏りは有りながらも地に足が着いた筆致。自分が勝手に持っていた破天荒な著者の印象とは裏腹に、落ち着く方面に流し込むのを意識した作品。ラストシーンは、まぁ芥川賞獲りそうだなという感じ。我ながら意味不明ではあるが。こうした作品で賞を獲るのは果たしてどうなのか。今やこれが著者の本領なのか。それを知るには、デビュー作から芥川賞までの間の作品から読み取るしかないか。