読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

法月綸太郎 『挑戦者たち』

挑戦者たち
本格ミステリの解決編の前に挿入される、作者から読者に向けた謎解きを煽る一節——所謂「読者への挑戦状」だけで構成された1冊で、小説の体は成していない。古今東西の「読者への挑戦状」を参考とし、様々な挑戦状99種が収録されている。
これは最早自己満足。趣も狙いも異なるが趣味の世界という意味では西尾維新の『りぽぐら!』と似たような位置付けだが、元となる文面やシチュエーションを変えたりと、飽きさせない工夫はあり。それでも「フェチ」の部類。好む層もいるだろうがニッチであり、評論家チックな作品とも言える。
妙な作品だとは思っていたが、どうやら雑誌『小説新潮』連載作品だったようだ。ところどころ面白いので、雑誌のコンテンツの一部としてなら成り立つものの、一個の書籍としてはどうか。
スマッシュヒットを経て2時間ドラマ化された『一の悲劇』を見て法月綸太郎に興味を持った人が、次にこの作品を手に取らないことを祈る。