読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『世界城』

世界城 (日経文芸文庫)
「世界」イコール「城」。
小林泰三初の冒険ファンタジーという触れ込みだが、作り込まれた世界設定からすると著者お得意のSFに近い印象がある。また、妙にすれ違うような合致するような不思議な会話も健在で、普段の小林泰三作品と大きな隔たりはないように思う。
ただ、この世界を十分に描き切ったとは言えず、壮大な物語の序章のみを見せられた気分。終盤にはここまでの話が物語のごくごく一部であることが触れられることもあり、当然に続編も期待したい。