読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

西尾維新 『難民探偵』

難民探偵 (講談社文庫)
書き下ろし長編。
探偵は所謂ネットカフェ難民
この「難民探偵」という語呂と設定の思い付きで書いたように捉えられる作品で、相変わらずの西尾維新のライトな文章力で読ませるのだけれども、オチもロジックも貧弱な印象。本書は現実に即した設定であり、ファンタジー的な超常現象を扱えない状況が西尾維新に不利に働いているのだろう。得意のハッタリが効きにくい、というべきか。もう少し、思い付きを超える何かが欲しかった。贅沢だろうか。