読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

舞城王太郎 『短篇五芒星』

短篇五芒星
五篇収録の短篇集。
ポップでかつ力強い文章はリーダビリティに長ける。変わらぬ舞城文体。
特に印象に残ったのは「美しい馬の地」で、理不尽な怒り・衝動についての描写が面白い。そして近年の舞城によく見られる説教臭さ。好みは分かれるだろうが、この鬱陶しさに顔をしかめながら読むのも個人的には嫌いでない。
「四点リレー怪談」のディスコ探偵風しっちゃかめっちゃか解決劇も嫌いではないが、お家芸になりすぎて新鮮さを失いつつあるのかもしれない(受け手として)。