読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

島田荘司 『新しい十五匹のネズミのフライ: ジョン・H・ワトソンの冒険』

新しい十五匹のネズミのフライ: ジョン・H・ワトソンの冒険
漱石と倫敦ミイラ殺人事件』以来の島田荘司ホームズ奇譚。
「赤毛連合」には続く物語があった──シャーロックホームズフリークのためのホームズ譚。ホームズについては主要人物の名前程度の予備知識しかないため、深く仕込まれたネタは殆ど把握できていないと思う。
ただ感じるのは、昔日の御手洗と石岡のイメージとの重なり。ホームズのエキセントリックさと、それに振り回されるワトソンの姿は、知ってはいたが御手洗・石岡コンビのモデル(の一部?)はホームズ・ワトソンなのだなぁと感じさせる。迎えるラストシーンについても、御手洗シリーズの某作(ネタバレにつき伏す)を連想させる。
島田荘司を知って間もない頃、御手洗潔のキャラクターに惹き込まれ食い入る様に読み進めた。ただ、途中から脳科学とか言い出しながらキャラクターが変わってしまったのが残念でならない。あの頃に、もう、戻らないのだろうか、御大は。