読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

北山猛邦 『人外境ロマンス』

人外境ロマンス (単行本)
6編収録の短編集。
北山猛邦の作品の特徴といえば、少なくとも2つは挙げられる。
1つ目は、物理トリック。島田荘司を髣髴とさせるような大掛かりなものが多く、解決編はスペクタクルなものとなる。
そして2つ目は、ファンタジー要素。デビュー作の『『クロック城』殺人事件』から既に、幻想的な雰囲気の作り方と世界設定の組み立て方は堂に入っていた。
本書は、その2つ目の特徴が前面に出ているものである。1つ目を期待すると、結構物足りない。
また、恋愛要素が全編に含まれているのも面白い。切なさを強調する作品が多いものの、どこか牧歌的な雰囲気が流れるのは、作家性というものだろうか。