読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

森博嗣 『実験的経験 Experimental experience』

book

実験的経験 Experimental experience (講談社文庫)
ダジャレ、意味無しジョーク、オヤジギャグ、パロディ。水柿助教授シリーズと日記シリーズと実用書シリーズのブレンドか? その自由奔放さに驚く。
小説にしてはメタが過ぎ、エッセイにしては不親切。どういうジャンルに属するのか、一読程度では分からない。そうしたジャンル分けしたがる読者を揶揄もする。著者の性格の悪さよ。
森博嗣中毒には堪らない作品だろう。自分は所々ついて行けない部分があり、その度に少し残念に思う反面、ほっとするのも正直なところ。
最も印象的だったのは、「書かれていることを、読んだのに、伝わらない」理由。それは「先入観というのか、こうだとイメージしているものが既にそれぞれにあって、それから大きく外れるものはシャットアウトする、といった防御能力が働く」というもの。これを忘れないようにこのブログにメモしておく。