読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

白河三兎 『君のために今は回る』

君のために今は回る
講談社ソフトカバー書き下ろし。
観覧車に住み着く幽霊、観覧車内で相談を受ける占い師、その観覧車の係員、その元彼女……等、横浜みなとみらいに実在する観覧車を舞台とする。
今回は2人の女性が主人公格で主な視点となる。この作家、青春の渦中で想いを爆ぜる人物を書くのが本当に巧い。ただ青臭いだけでもなく、「大人であること」「一人前であること」を意識しながら行動する若者の姿がそこに描かれ、その瑞々しい発想と行動にはハッとさせられるものが多い。
なお、青春にとって不可避な「性」に対してもストレートであること(なお特にそういった行為が描かれるという意味ではない)がこの作家の特徴でもあると思う。