読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

麻耶雄嵩 『さよなら神様』

さよなら神様
「神様」シリーズ第二弾となる、連作短編集。
鈴木太郎は転校生かつクラスのアイドル、そして「神様」。
各短編はいずれも、鈴木が視点人物の桑町に対して、犯人の名前を告げる場面から始まる。いわゆる倒叙もののミステリだが、そこからの展開は一つのパターンにはまることはなく、読者を飽きさせない。
それぞれの短編の真相、全体を通しての「神様」らの真意、そしてラストシーンでの遊び心。これぞ麻耶雄嵩。オンリーワンのミステリ作家である。