読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

佐藤友哉 『333のテッペン』

book

333のテッペン
4編収録の短編集。
うち3編は新潮社の『Story Seller』シリーズに、1編が「小説新潮」に掲載されたもの。全編を通して土江田という男を主人公とする。
佐藤友哉の作品をデビュー当初から読んできて長い付き合いになるが、未だに彼の文章に馴染む事はない。わざとらしい芝居臭さ。センテンスとセンテンスの間にある違和感。少々程度でない「ざらつき」が彼の文章にはあり、どこか心をざわつかせる。僅かに不純物を含んだ水のようで、飲めないこともないし、決して嫌いなわけでもない。ただ、好きかと問われても、素直に首を縦に振るかは悩ましい。
作品全体に漂う雰囲気は、ベースの軽さにエピソードによる重しを付けているような感じ。これも作家性だろう。現在どうなっているのか、未読の近年の作品を読んでおくべきだと感じた。