読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

舞城王太郎 『イキルキス』

イキルキス (講談社文庫)
短編集。3編収録、文庫版のみ2編書き下ろしが追加されている。
当初からの3編はいずれも「群像」に掲載されたもの。年代としてはデビュー初期のものも含み、暴力的で圧倒的な展開と迅速な自己完結ぶりは見事。「懐かしい舞城」とでもいうべき塩梅。
書き下ろし2編のもつ空気は少し異なる。特に「無駄口を数える。」は舞城の妙な理屈っぽさを前面に出した近年の作品に多めの作風(『ビッチマグネット』、『キミトピア』所収の「やさしナリン」等)。特に著者の根底のところが変化した訳ではないと思うが、説教臭さ・ねちっこさを多めに出すような傾向が見えることがある。
書き下ろしを追加することで短編集としての一貫性は薄れたが、舞城の多様性を感じることもできるようになっている。損は無い。