読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

法条遥 『リビジョン』

book

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)
『リライト』の続編。
『リライト』の設定に加え、「手鏡」を用いて未来を覗く特殊能力が登場。
設定だけを借りた続編の類ではなく、所謂「正統続編」とでも言うもので、前作の登場人物も登場し物語の筋に絡んでいく。それだけに単発の作品として捉えるのは少し難しい(前作未読者に通用するか?という点)。また、分量的にも文章密度的にも物足りない印象が大きい。
『バイロケーション スプリット』も同じ印象を受けたが、著者は「正統続編」的な小説を作ることに抵抗感が無い様子。それは自分の生み出した作品に対する愛着と執着が有ってのことか無くてのことか、どちらとも取れるように思う。
また、明らかに省力化しているようにも見受けられるので、こうした設定の流用をするのであれば、もう少し慎重に描いた方がいいのでは、と思えてしまう。主人公について子どもを持つ親としてのリアリティが一切無い点(あくまでストーリーのために駒が動いているように見える)等、描写不足が気になる。まぁこれはこの作品に限らず著者の作品全般に共通するものではあるが……。勿体無い。