読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

綾辻行人 『びっくり館の殺人』

びっくり館の殺人 (講談社ノベルス)
館シリーズの第八作。
「かつて子どもだったあなたと少年少女のため」の講談社ミステリーランドとして配本。
著者が得意とするホラー要素がやや前のめりに出た作品。子ども視点であることも相まって、館シリーズとしては異色の雰囲気。「ふぅん」だの「はぁん」だの、独特の会話文が頻出する他の館シリーズより取っ付きやすいのでは、とも思う。
あと、講談社ノベルス版の巻末に袋綴じで付いていた綾辻道尾秀介の対談は、何と言うか御手盛り感が強くてどこか笑える。ネタバレ解説も面白いが、どちらかと言うと「道尾秀介の本の読み方」という視点で読んだ方が興味深い。