読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

『9の扉』

9の扉 (角川文庫)
次の作家にバトンとして「キーワード」を渡すリレー短編集。
北村薫法月綸太郎殊能将之鳥飼否宇竹本健治貫井徳郎歌野晶午辻村深月が参加。
まぁ物の見事に作家ごとの個性が出たアンソロジーで、渡されたキーワードを忠実になぞるもの、キーワードを捻って捉えるもの、キーワードどころか設定をも引き継ぐもの……とそれぞれ作家ごとにスタンスが違う。統一性を求めて読むよりも、作家ごとのセイカクを読み取る方が良い。
著名な新本格系のミステリ作家だけあって、キーワードとミステリ要素の関連に着目しても興味深く読める、ものもある。
「キラキラコウモリ」は、殊能将之の最後の作品でもある。なんとも彼らしいヒネクレ。もう殊能作品は全て読んでしまった。喪失感。