読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

法条遥 『バイロケーション スプリット』

バイロケーション スプリット (角川ホラー文庫)
通称「バイロケ」の続編。
形だけの続編ではなく正統続編とでも言ったもので、バイロケーションの概念や一部の登場人物も引き継いでいるため、前作読者は読む価値が高いと思う。しかし、バイロケーションの概念や特徴に関する説明が少ないため、前作未読者へは相当厳しい内容だと思う。内容を忘れている場合も然り。
なお、ストーリーの分量や工夫具合については、前作よりもかなりあっさりめだと思う。著者はタイムスリップものに相当思い入れがあるようで、そちらに本腰を入れているのだろうかと勘繰ってしまう。