読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

貴志祐介 『雀蜂』

book

雀蜂 (角川ホラー文庫)
文庫書き下ろし。
『新世界』『悪の教典』等の長編大作が目立った最近の貴志祐介だが、これは肩の力が抜けたホラーかつミステリー。
スズメバチを前にしたサバイバルはテンポ良し。伏線の回収は丁寧。だが、オチを付けたがために作品世界がこじんまりとしてしまったような感覚が残る。
小粒と言えば小粒な作品。やはり貴志祐介は大作こそ相応しい。