読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

乙一 『箱庭図書館』

箱庭図書館 (集英社文庫)
集英社WEB文芸の企画「オツイチ小説再生工場」にて、読者の没原稿を乙一がアレンジし小説として仕上げる、という企画ものの連作短編集。
この企画、小説製造マシーンである乙一の本領発揮といえる。
乙一作品の特徴で良く語られるものとして、所謂「白乙一」(切なさ・青さ)、「黒乙一」(残酷さ・グロテスクさ)という2つの分類がある。しかし、それらとは別の観点で、物語の緩急を意識しながら手際よく伏線を埋め込み、ミステリ要素をぶち込んでもれなくオチをつけるという器用さも、乙一の持つスキルの一つである。
その著者の小説製造スキルと企画内容が見事にマッチしており、余すところのない粒揃いの短編集として完成している。
印象に残る作品は、「ホワイト・ステップ」。後書きで著者自ら語るとおり、読者の持ってきたアイデアは本当に面白いが、雰囲気が「白乙一」に似ており、本書の中で最も乙一らしい作品。変わり映えがしないとも言えてしまうが。