読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

森見登美彦 『四畳半王国見聞録』

book

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)
連作短編集。
相も変わらず京都の街並みとその中の四畳半を主戦場とする、森見スタンダードな作品。
タイトルから『四畳半神話体系』の続編を期待してしまうが、どうも正統な「それ」でもなさそうである。どちらかというと、『新釈 走れメロス』の方にテイストは近いと思う。 
森見登美彦のどうにも独特な文体や妙ちくりんなエピソードは健在だが、「蝸牛の角」「真夏のブリーフ」あたりは話がなかなか頭に入ってこなかった(入ってこないなりに楽しめるのが森見作品の特長でもあるが)。
この文章には、筋が判り易い「大日本凡人會」や「グッド・バイ」の方が相性が良いのかもしれない。