読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

北方謙三 『陽炎の旗』

book

陽炎の旗 (新潮文庫)
北方太平記シリーズ。
『武王の門』の続編にあたる。
足利直冬の子・頼冬(尊氏の孫)と、『武王の門』で活躍した懐良親王の孫・竜王丸を主人公とする。
いずれも架空の人物であり、北方太平記作品では他に例が無い。
『武王の門』も、高麗に渡ったりと比較的舞台の枠が広い作品であったが、本作は更に歴史の呪縛から逃れたように自由自在な展開を見せる。
頼冬は剣の達人であり、諸国を放浪しながら将軍家の刺客との死闘を広げる。その戦闘シーンからは、後に描かれる北方剣豪小説シリーズとの関連性も見出すことが出来る、かもしれない。
今川仲秋を主な視点人物として採用し、あまり有名ではない時代の足利幕府の政争を描いている点も、純粋な歴史的興味として面白い。
何よりも、見果てぬ夢を目指すポジティブな状況で、物語が終焉を迎える点が非常に良い。北方太平記シリーズでは、どうしても史実の閉塞感に結末を狭められる展開が多かっただけに、心地よい気分で読み終えることが出来たのは大きい。