読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『見晴らしのいい密室』

見晴らしのいい密室 (ハヤカワ文庫JA)
『目を擦る女』を改題し、「脳食い」「空からの風が止む時」「刻印」の三篇を、「探偵助手」「忘却の侵略」「囚人の両刀論法」と入れ替えて再構成したもの。表題作「見晴らしのいい密室」も、「超限探偵Σ」からの改題。
というわけで、7分の3が差し替えられていることから、ほぼ新短編集。本書から読んだ人は、却って差し替えられた3篇の内容が気になってしまうのではないだろうか。
追加の3篇については、「探偵助手」はやや薄味だが、「忘却の侵略」はロジックとユーモアの面、「囚人の両刀論法」はロジックとハードSF設定の面でそれぞれ強烈な個性を発揮している作品。
もともとの4篇も、「見晴らしのいい密室」の名探偵っぷり、「目を擦る女」のホラー描写の強烈さ、「未公開実験」でのありきたりなテーマを用いたチャレンジ、「予め決定されている明日」の『世にも奇妙な物語』的な展開と結末。まぁこれは残すわな、というセレクトだと思う。ただ、差し替えられた3篇のことを自分は思い出せず、どこか申し訳ない。
なお、手に取りやすい表紙になったのは確実。ただ、『目を擦る女』の独特なカバーデザインは何か惹きつけるものがあったので、残念でもある。↓
目を擦る女 (ハヤカワ文庫JA)