読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

貫井徳郎 『明日の空』

明日の空 (創元推理文庫)
書き下ろし長編。
貫井徳郎といえば『慟哭』や『症候群』シリーズ、『空白の叫び』等の重厚なテーマとどっしりとした文章の作品が真っ先に思い付くが、それらの次ぐらいに多く青春小説を書いている印象がある。
本作も青春小説風の要素が強い作品。こういう時の著者の文体は素朴で本当に読み易い。「韜晦」「慙愧」等の貫井作品頻出の難解な言い回しも控えている。
物語面ではちょっとした謎とギミックがあり、旧来のファンにとっても嬉しい作品。ただ、分量的にも内容的にも、小粒感は否めない。