読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

雀野日名子 『あちん』

book

あちん (幽ブックス)
第2回「幽」怪談文学賞短編部門大賞受賞作を含む5編収録の短編集。
現代を舞台とした、地域特有の噂・言い伝え等に紐づいた怪談。読者を怖がらせる要素は多いが、根底に流れる雰囲気は前向きで、結末もどこかポジティブなものが強い。
締め括りの短編「もうすぐ私はいなくなる」が最たるもので、この非情に徹しきれない姿は、作家性というものだろうか。
著者はこの後に日本ホラー小説大賞でも短編賞を受賞し、独特のポジションを築き上げている。