読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

大山尚利 『ライオンのつづき』

book

ライオンのつづき
「小説推理」連載長編の単行本化。
視点人物は40歳となった建築家の「ぼく」。誕生日に唐突に届いた荷物と旧友の訪問が切っ掛けとなり、「飛行機づくり」に没頭した中学生時代の思い出が描かれていく。
主人公やその周囲の人物の繊細さ・優しさ・厳しさをストレートに伝えるだけの文章構成力が著者にはあり、頁を捲る手を簡単には休めさせない。また、冒頭の遣り取りから悲劇が待ち受けていることは明らかであり、その中で読み進めるのは好奇心と苦痛のブレンドとなり、よく読者を惹き付ける。
児童小説のようなカバーと帯の文句はフェイクであり、主に苦味を感じさせる青春小説の部類に入ると思う。


ところで。はてなダイアリー読書メーターブクログ等での読者数を見ると、こんなにも読まれていない作家なのかと愕然とする。勿体ないなどと上から目線なことは言わないが、一人でも多く読んでもらいたい作品/作家だと思う。