読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

麻耶雄嵩 『隻眼の少女』

book

隻眼の少女 (文春文庫)
日本推理作家協会賞本格ミステリ大賞のW受賞作。
麻耶ワールドに新たな探偵役として登場したのは、古風な装束に身を包んだ隻眼の少女。探偵デビュー事件として、古くから村を統治する名家で発生する連続殺人事件の解決に挑む。
「探偵」「名家」「連続殺人事件」等々、昔ながらの本格推理のキーワードを含む直球ミステリ。濃いめのロジックや、麻耶雄嵩らしい探偵役への「拘り」も健在。まるでその「拘り」が生んだような結末が、非常に面白い。
ただし、超弩級のトリックや著者らしいアクのようなものは、他の長編に比べるとやや薄目で、賛否両論かもしれない。
が、「ちょうど○○だったし」は笑った。