読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

麻耶雄嵩 『貴族探偵』

貴族探偵
5編収録の短編集。
題名の通り、「貴族探偵」を主人公とした小説すばる掲載作品集。
麻耶雄嵩のミステリでは、探偵役が一風変わったキャラクターであることが多いが、本作もご多分に漏れない。
「貴族探偵」は気障でスマート。自分の手は動かさず、優秀な部下の力を活用して事件を解決に導く。そして途轍もないプレイボーイ。独善的で嫌味に見えるこのキャラクタだが、不思議なほどニヤリと楽しめる。
あと、ロジカルな面でも麻耶雄嵩らしく趣向を凝らしてあるため読み応えもあり。解決までのロジックは「ウィーンの森の物語」、趣向としては「こうもり」が面白い。