読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

『探偵Xからの挑戦状! 3』

探偵Xからの挑戦状!  3 (小学館文庫)
NHKの同名ドラマにて用いられた物語の小説化。
著者は貫井徳郎北村薫米澤穂信島田荘司
ここまでのシリーズと異なり問題編と解決編が分かれていないため、何の気なしに最後まで読み切ってしまう構造となっている。読み物としては分離しない方が面白いと思うが、趣旨が趣旨なのでせめて一拍目印を入れるべきと感じた。
貫井徳郎はやること為すことに大体意味のある作家なので、今回も感心させられた。
北村薫は、短編でも文体が合わないなぁと感じる。
米澤穂信は、さらっと新本格っぽく仕上げたような風味。
島田荘司の小説がこの程度の厚みで終わることが久しぶり過ぎて、かなりの違和感が残る。物足りなくなっている時点で、かなり毒されているというべきか。