読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

森見登美彦 『宵山万華鏡』

宵山万華鏡 (集英社文庫)
京都・祗園祭宵山を舞台とした連作短編形式。
デビュー作『太陽の塔』や『四畳半神話大系』から続き磨き上げてきたユーモア要素と、『きつねのはなし』で培ったホラー要素の両方を垣間見ることができる一冊。ユーモア要素とホラー要素のどちらに偏っているかは短編1編ごとに異なり、長編として捉えるた場合とかくアンバランスな感触を覚えるが、この綯い交ぜになった塩梅こそが「宵山」なのだろうと解釈する。