読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

法条遥 『地獄の門』

地獄の門 (角川ホラー文庫)
デビュー作『バイロケーション』と同じく、一筋縄では終わらない雰囲気を漂わせ、一気に落とし込む系の作品。
「地獄」から転生する人間の物語。物語全体に関連するキーワードの一つとして、人間の「愚かさ」がある。やや謎の引っ張り方、伏線の張り方がわざとらしい印象だが、これも登場人物の「愚かさ」、もっと言うと浅ましさを表すため、意識してのことのように思う。
と想像させるのは、文体がデビュー作と大きく異なるためである。うじうじとした内向的な心境描写は無くなり、攻撃的で拙速な文体に敢えて寄せて行っている。リーダビリティは高まっているが、個人的には前者が好みである。