読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

西尾維新 『少女不十分』

book

少女不十分 (講談社ノベルス)
自伝風に終始する物語。リズム感や押韻は控えめに、自意識のみが残された文章。西尾維新にしてはかなりの変化球。はっきり言っていつもの娯楽性はない。
ここまで著者が築き上げたものがあるからこその意表性の作品で、単品としての評価は難しい。


「評価は難しい」と感想したくはないなぁと思いながら読むも、良い意味での裏切りは無く。