読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

小林泰三 『天獄と地国』

天獄と地国  (ハヤカワ文庫JA)
『海を見る人』収録の短編を長編化したハードSF。
誤植ではないタイトル。地面が上にあり、天空が下にある世界。
SFものについては、それこそ小林泰三作品以外は好んで読まないので、ジャンル内の位置づけは検討もつかない。が、少なくとも凝った設定だけが牽引する作品ではない。
崩壊し続ける世界でもがき生きる人々の姿、終盤僅かだが議論となる論理と感情の択一、結末の風景の意味深さなど、ドラマチックな描写の印象が強く残る。
まだまだ広がりのある作品世界。直接のものでなくても良いので続編は読みたい。