読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書は言を尽くさず、

本読んだりしています

白河三兎 『角のないケシゴムは嘘を消せない』

book

角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス)
メフィスト賞作家の2作目。
安易ではない思春期小説で、若さを残した瑞々しさと、転じて大人びたいという願望が読み取れる。爽やかなるものが捻くれを含み、反発しながら絡み合う。
モノを透明にする超能力が存在する設定からのストーリーテリングも小慣れたものだが、文章面・感性面での個性の方が強い。