書は言を尽くさず、

本読んだりしています

大山尚利 『1gの巨人』

1gの巨人 (双葉文庫)
大山尚利3冊目の作品。
橋の欄干での「巨人」との出会いから始まる物語。怒濤のような展開とつぶさな心理描写は見事。
まぁ何というか突拍子のないストーリーだが、読者としてこのまま流れに身を任せて良いかと思える希有な作家である。